本当にズルいおそ松さんのまねきねこ(すきっと)コラボ攻略法

おそ松さん×まねきねこコラボがたびたび行われていますね。

この記事を執筆している今も2019年のコラボ第3弾を開催中です。

 

このコラボ、グッズ販売とは異なり「カラオケで高得点をとることによってコースターや缶バッジ、アクスタがもらえる」というハードルが課せられています。

 

まあこの記事をご覧の方はわかってると思うので細かい説明は省きます。

みなさんが知りたいのはズヴァリ「攻略法」ですよね。

 

Twitterで時々見かけるのですが、「ビブラートをかけない」とか「アーアーアーやナーナーナーみたいにひとつの音で歌う」とかは攻略法じゃなくてただの「歌うコツ」だと思っています。

 

本当の攻略法がなぜ隠されているのかもあわせて説明したいと思います。

 

そのへんの事情も考慮して一応今回のコラボ期間が終わってからこの記事を公開しようと思っていたのですが、後出しでランキングという鬼畜ルールはひどいなと思ったのと、真面目に頑張って1枚2枚のコースターしか手に入らなかったり、ドリンク飲んだり売り上げに貢献している人ほどリターンがないという「正直者がバカを見る」を地でいくこの状況にモヤモヤし続けてきたし、終わる前に暴露してしまうことにしました。

 

さすがに半年もやってるし今暴露したところでランキングが大きく変動することもないと思うので、(延長がなければあともう1ヶ月もないのですが)コースターとれずに泣かされてきた方が少しでも獲得できると良いなと思います。

すきっとの採点システム

まず「すきっと」の採点システムですが、普段カラオケをする人ならわかると思いますがこいつ尖りすぎてます。

 

D○MやJ○YS○UNDといったカラオケの採点というのは、音程のほかにビブラートや音量の強弱、しゃくりやこぶしといったテクニックをあわせて採点しています。

 

すきっとは完全に「音高」を判定しています。

「音程」ですらない、音高です。

 

たとえば440Hz(A4、いわゆる高いラの音)から1音となりの466.164Hz(A#4、ラ#)に移動するとき、人の歌う自然な音程の流れでは、450Hzあたりの高さの音が混ざったりしますよね。

 

しかしすきっとの採点ではそんなものは認められません。

少しでもずれたら減点です。

 

脱線:

このシステムをみんなクソだと言いますが、音高に関しては正確すぎるので、ほかの「儲けるためにユーザーに気持ちよく歌わせて甘い採点をする」機種と違って、歌の練習をするには実はけっこう使えますよ。

 

他の機種だと、音が微妙に外れているときにも「しゃくり」や「こぶし」と判定されたり、声のブレを「ビブラート」と判定されたり、1音のズレに満たない外れ方は外れていないように表示されたりするので、自分でなんとなく違うな〜と思っていても直し方がわからないことがあります。

すきっとなら目で見て上にずれてるとか下にずれてるとか一目瞭然です。

ストイックに音高を矯正するのにはかなり有用です。

 

脱線しましたが、というわけですきっとにおいては「歌をうまく歌える」かどうかは採点にまったく関係ありません。

多くの人が攻略法として挙げている「ビブラートをかけない」というのは、この音高からはずれないように、聴き心地のまったく良くない平べったい音をまっすぐ出せ、という意味です。

「アー」とか「ナー」とか1つの音で歌えというのも、ブレを少なくするため、まっすぐ声を出しやすくするためのテクニックです。

 

ただ、音痴の人から言わせれば、それがわかっても攻略法にはならないと思うんです。

だって、その高さの音を自由に安定して出せるなら音痴で悩んでないから。

(ちなみに細かいこというと9割の人は音痴です。程度の差があるだけで、音痴だと思ってないみんなも音痴なんですよ。カラオケ上手い人でも、雰囲気でうまく聴こえるけど音高が合ってないという人がたくさんいます)

 

結局のところ、曲に合わせてピッタリと音高を合わせて声を出せる人しか、コースターをもらえないのが現状です。

まっすぐ正確に音を出すだけのゲームだと思え

すきっとの採点基準は「音高」です。

つまり「感情表現」や「声量」など、人間のもつ「歌唱技術」ではありません。

正確な高さの音がマイクに入力されれば基準が満たされます。

 

もうわかりますよね。

 

マイクに向かってmidi音源を流せば歌わなくていいということが。

 

(ちなみにこれは「攻略法」じゃないんで、ここだけ読んで「なんだそんなことか」と思って回れ右しようとしてる方、まあ最後まで読んでください。これはすきっとの攻略法ではあるんですけど、おそ松さんコラボの攻略法ではないです。)

 

自分でキーボード叩いてmidi録音して曲に合わせて流しときゃいいんです。

 

卑怯ですか?

 

いいえ、すきっとの採点がそういうルールのゲームなので、卑怯でもなんでもありません。

D○MやJ○YS○UNDのように録音して人に聴かせるわけでもないし、あなたのパフォーマンスに応じて景品がもらえるルールではないのです。

「正確な高さの音を出すことでしか点がとれない採点機能で高得点をとる」ことがゲームクリアの条件なんです。

 

歌の練習をしたり、人と得点や歌唱力を競うのであれば、自分の体を使って歌うべきですけどね。

というかD○Mで楽器を使って100点とかとってる人がたまにいるんですが、あれは何がしたいのかよくわかりませんね。人に聴かせるわけでもなく100点という数値がつくだけなのに、それやってどうするんだっていう…ただランキング上位にいたいのかな…意味わからんな…

 

私は疑い深くひねくれた人間なので、コースターを大量獲得しつつガセ攻略法を広めている人たちは本当はこの方法を使っていると思うし、人に教えないのは獲得できない人にダブりをなるべく高くたくさん売るためだろうなと考えています。

あとはランキング式の場合にライバルを増やさないためっていうのもあると思いますね。

おそ松さんに関しては途中までランキングはなかったので前者の意味合いが強そうです。(今回の第3弾で後出しされたランキング式はちょっとひどいですね、他のジャンルみたいに最初から出てればまだしも)

 

先に挙げたような「歌うコツ」を親切に丁寧に説明してる人たちも、それを攻略法として広めることで、真の攻略法からみんなの目をそらそうとしてるんじゃないかと疑ってるんですよね。

 

もしそうではなく純粋に変な歌い方して100点目指してるんだとしたら申し訳ない。

ほんと、申し訳ないですけどかなり非効率なので、それ、おすすめしません。

 

私はひたすらmidi流しておいてイヤホンで別の曲聴きながらPC作業したり仕事の書籍読んだりして時間を有効活用しています。

 

どの曲で実践するのが最適なのか

おそ松さん×まねきねこコラボのポイントの仕組みだと、3分10秒以上の曲で95点を出したら300ポイントになり、1曲歌うだけで1枚コースターがもらえます。

 

枚数を稼ぐには300ポイントに足りるギリギリの長さの曲をひたすらローテーションしていくことです。

 

しかしそれだと缶バッジやアクスタが欲しい場合には非効率です。

なぜなら曲と曲のスパンが1回50秒ほどあるから。

その間は歌唱時間にならないわけですから、短い曲で回数が増えれば増えるほど、1時間あたりで得られるポイントが減ります。

(第3弾でえいがサントラのジャケットが表示されるようになりましたが、あれさらにロス増えてません?)

 

缶バッジやアクスタを狙う場合、何万ポイントととる必要があり、ほっといてもコースターは勝手に集まります。

そこでポイント効率を考えるならば、なるべく長い曲で最低95点以上とる、という必要が出てきます。

 

おそ松さんでいうと「SIX SAME FACES〜今夜は最高!〜」とか「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!〜」とかになります。

 

ガセ攻略法の記事とか動画を真面目にぜんぶ見たことがないのですが、すきっとの曲のランキングを見ると「今夜も最高」がぶっちぎり1位なので、おそらく攻略法としてこの曲が紹介されてるのかなと想像しています。

違う理由だったら教えてください。自分で探せ?うーんだってめんどくさい

 

でも実は一番おすすめなのは、「今夜は最高」の方です。

 

先ほどmidi音源を流すという攻略法を暴露しましたが、疑問がわくと思います。

 

「楽器できないし耳コピできない」(いや、がんばれよ)

midi音源を作るなんて難しそう」(いや、がんばれよ)

「曲が始まるたびに再生するタイミングが難しい」(せやな)

「ループするときにずれるから放置できない」(わかる)

 

まあ、それでもやればいいと思います。歌うよりはるかに楽で確実に点数とれるので。

でも、「今夜は最高」ならそんな手間すら必要ないんです。

私がこれが本当の「攻略法」だと思ってる部分です。

 

「今夜は最高」は同じ音を流し続けるだけで点数がとれる

 

いや、ガセネタ流してる人たちならすでにここまで到達してるかもしれないな黙ってるだけで。

大勢に「今夜も最高」を歌わせておいてランキングをカモフラージュし、自分だけ「今夜は最高」をひたすら…カイジみたいな世界だな…

 

まずは騙されたと思って音叉アプリを使って、「C4」(ドの音)をマイクに向かって流し続けてみてください。

 

すきっとの採点システムは音高や音程には厳しいですが、「タメ」「走り」そして「オク下(オク上)」には甘いです。

 

「今夜は最高」は台詞部分がずっと同じ音の連続になっています。

f:id:tamago625:20190704143431j:plain

セリフがずーっと同じ音

また、イヤミの歌唱部分も、トト子ちゃんと違って音程の差があまり激しくありません。

オクターブ違いは当たり判定されるため減点されません。

 

また、比較的オクターブ違いの箇所が多いため前後のタメ・走りも当たり判定される部分が広いです。(細かいリズムで短い音や高低差のある音程が多いと、このメリットが得られないため「今夜も最高」の方では実現できません。)

 

f:id:tamago625:20190704143521j:plain

ズレに気づくのが遅い鈍感なすきっとかわいい


 実際のガイドメロディのドット通りでなくても減点が少ないため、C4を流しっぱなしにするだけでコンスタントに97点をとり続けることが可能です。

 

C5でもいけますがちょっと高くてうるさく感じるので、C4がマイクもちゃんと拾える高さでちょうど良いと思います。

 

ただ音叉アプリを何時間も起動していると端末が発熱してくるので、私はC4を延々流し続けるmidiを作り、iTunesに入れてiTunesで再生するようにしています。

これでループし続けるのでタイミングも関係ないし、ずーっと放置できます。

 

あ、さすがに知ってる人も多いと思いますけどテンポは最速にしときましょう、テンポ変えても歌唱時間のカウントは元の時間のままです。

性善説で考える「攻略法」を誰も広めない理由

先ほど指摘したように、この攻略法をおそらく知っているであろう人たちがそれを隠す理由として考えられることは、「自分だけが楽して入手したい」「ほかの人が入手できないほうが都合が良い」という性悪説で見てしまうのですが、性善説で考えることもできます。

 

この攻略法が広まることで考えられる懸念点はこれです。

 

コ○ダカが、midiで得点が出せないような採点システムに改修してしまうこと。

 

採点システム側で対策されてしまうとこの手は使えなくなります。

そうすると自分も景品がもらいにくくなるのですが、自分だけでなく当然ほかの「普通に歌って景品を獲得している人たち」も、もらいにくくなってしまいます。

 

たとえばD○Mのように不自然なビブラートをかけないと点数が出ないシステムになってしまったら?

J○YS○UNDのように原曲と違うバーに忠実なリズムで棒読みをしないと点数が出ないシステムになってしまったら?

これ、もともと歌が上手い人たちもやりづらいし、すきっとに特化した人たちもやりづらくなってしまいます。

採点システムが高度になればなるほど、別の小手先の技術が必要になってきて、景品を獲得できる人の母数が減ります。

 

そうするとダブりを交換したり譲渡することもできなくなってきて、結果的に、歌える人も歌えない人も景品が手に入らなくなります。

 

これはめっちゃ困りますね。

 

そこで「みんなあくまでも自分で工夫して歌ってますよ〜」というフリをしてるということが考えられます。

 

次回コラボで生きるのか、それとも死ぬのか

ただ、実際のところ採点システムって諸々の特許とかかなりいろいろあってですね。

 

第○興商とエク○ングのほぼ二強の状態の中、参入したコ○ダカのすきっとが現状アレなんですよね。

ああいう形の採点システムにしか(技術的に不可能なのではなく手段として)できなかった、という可能性が高いです。

もちろん技術力が追いついていないというのもあるかもしれませんが、そうそう簡単に対策されて大きく採点システムが変わるということはないと踏んでいます。

 

できるとしたらせいぜい「今夜は最高」のmidiデータをもっと細かくきれいに打ち込み直すくらいのことかと思います。

それでもやられたらかなりめんどくさくなっちゃうんですが、もともとこの攻略法を使わずがんばっていた人にとっては何も変わらないので、同じ方法で継続すれば良いかと思います。

追記:

ちょうどこの記事を出した7/4に、あらたにコ○ダカの特許・実用新案の公知がありました。こういう感じで楽曲データの生成方法が変わったり進化していくといずれ通用しなくなるわけです。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-2019-109324/E5D62E0073B8F9D79AFB77167CA86D544E12866EE1ED4EBD91483DEB98AE3F14/11/ja

 

そもそもすきっとのアニメコラボ特化って、苦肉の策だと思うんですよね。

すきっとが導入されはじめたころって、本当にただの「曲も少なく音もひどい使えない機種」でしかなかったと記憶してるのですが、いつの間にかこんなふうにコラボしまくってたんですよ。

 

おそらくですが、コ○ダカ側のねらいとしてはあくまでも「すきっとの普及」「ルームの稼働率改善」つまり業界内のシェアを掴みとるビジネスであって、景品にかかるコストが多少嵩んだとしても、マーケティングとしては成功である可能性があります。

むしろ攻略法があることがわかって、みんながこぞって挑戦するために部屋を埋めてくれるほうが良い。

(原価率や粗利率考えたらコラボドリンクの注文が増えるのが営業利益そのものには一番いいと思いますが、店舗の拡大やすきっとの設置数など業界シェアという視点では稼働が大事なので)

 

もし次回のおそ松さんコラボがあったとして、コ○ダカが対策してくるようなら「きちんと歌ってお楽しみください」ということだと思うのでそのようにすれば良いし、してこないのであればこの方法でみんながハッピーになれば良いのです。

結局のところ暇な人が勝つ

どんなに楽に点数をとる方法があろうと、ルームに入室しなければならない以上、「拘束時間」の問題はなくなりません。

みんなが同じ時間で同じ点数をとれるようになったとしても、今までもこれからも、「入室する時間(とお金)がある人」が一番稼げるわけです。

 

コースター1枚も、缶バッジもアクスタも、獲得するために必要なミニマムの時間は変わることはありません。

 

とくに累計ポイントでもらえる景品が欲しい場合、ひとつのアカウントでポイントを積まないといけないので、ランキングに関しても暇人しか勝てないルールです。

(学生と主婦と日勤の人と夜勤の人とかで共用アカウント作って昼夜まわして景品を分ける方法もあるでしょうがトラブルすごそう)

(タイムチケットとか使って人にやらせる方法もあるでしょうがトラブルすごそう)

 

そうなるとお金はないけど時間がある人がポイントをせっせと貯めて、お金はあるけど時間がない人がその景品をお金で買う、という方法でwin-winになる感じでしょうか。

試算してみましょうか。

 

ワンカラの缶バッジを欲しい場合

「今夜は最高!」を97点でまわすと1回あたり420ポイントくらいとれます。

缶バッジひとつは30,000ポイントなので、だいたい71回くらい必要です。

「今夜は最高!」1曲をテンポ920で流し、次曲までのロスタイムを追加するとだいたい5分かかります。

355分=約6時間ですね。ひえ〜

まあ特別な技術は不要なので東京都の最低賃金985円×6時間で5,910円。

 

(「人にどこかに行って何かしてもらうことを頼む」ということには、最低でもこれだけお金が必要ってことなんで、今までケチなことを考えていた人は認識をあらためましょう)

 

ワンカラの6時間分のルーム代ですが、新宿で平日のモーニングフリータイムなら1,200円、週末のモーニングフリータイムで1,500円、週末フリータイムなら2,200円。

 

1個目でほしいのが当たればいいですけどね〜もし運良く当たっとしても、だいたい7,000円くらいはかかる計算ですね。

あと頼む相手の交通費とかもありますからね。

ワンカラという限られた地域にしかない店舗に行ってもらって缶バッジをとってもらう、しかも自分の欲しいやつ。

この代行を頼むなら、またはすでに入手した人に譲ってもらうなら、いったいおいくらお支払いすべきなのか、見えましたかね?

 

まあアクスタにしか興味がなく、缶バッジイラネって奇特な人がダブったのを数百円で譲ってくれることもあるかもしれませんが、自分からそれを要求するのはドケチにもほどがありますので、メルカリとかオタマートを覗いて文句言ってる人たちは襟を正しましょう。

 

ちなみに数百円で売ってる側が安く売るなって文句言われたりするのは、しょうがないかなって思います。モノの価値を低くして需給バランスと物価を崩すのは将来全員の首を絞めますからね…

 

アクスタはまねきねこでもとれるので、まふとか使えば学生さんは低コストで荒稼ぎできますね。うらやましい。

 

この景品に関してはとくに学生と社会人で価値の感じ方がだいぶずれるんじゃないかと思います。

 

数百円の価値しかないと思うなら人に頼まず自分で取ってこい。

 

現場からは以上です。

 

2019/7/13追記:

Twitterでも補足ツイートしてるのですがこちらに私の考え方をまとめておきます。

 

Q. こういう不正は許せない

A. 「不正」というのは端末を改造して歌唱データを書き換えたり、サーバをクラッキングしてコースターの抽選結果を書き換えたりすることだと思っています。

本来のカラオケシステムで遊技(備え付けの機器を改造せず使用し、マイクに正確な音高を入力)している以上は不正ではなく、あくまでも「採点機能」を「攻略」しているだけとの認識です。

 

Q. 歌っていないのだからキャンペーンの参加方法として不正では?

A. キャンペーンのルールをご確認ください。

f:id:tamago625:20190713135213p:plain

採点チャレンジルール

https://www.skit-net.com/

ルールとしては「ポイントを蓄積するとステージをクリアできる」です。

なおここで書かれている「歌唱採点結果」「歌唱分数」というのはデータの名称でしかないので歌唱という単語を用いた意図をエスパーするのはナンセンスです。ルールとして「人間が歌唱しろ」と明示されていない、これが明確な事実です。

 

Q. ルールの裏をつくような真似をして恥ずかしくないのか!

A. 上記の通り裏はついていません。これは裏技ではなく「オモテ技」です。

裏技ではなく「攻略」しているだけの「攻略法」です。

すきっとの採点方法、ノリタメの仕組みなども、世の中に公知されている技術です。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-2019-028310/57DCB705A26BC2A16161CFA3E44DD06966E73F91F00CB6A49EF7BA93ECD0E1AD/11/ja

特許って読んでるとほんと面白いですよ、いろんなモノの仕組みがわかります。おすすめです。これは万人に知る権利と機会が与えられており、これを知っていることはズルくありません。

 

Q. でもちゃんと歌ってないのは悪質なユーザーでは?

A. ルールとは別の倫理的な意味で問題視した場合の話ですが…

それを認めるならば、機械に合わせて歌詞を無視して「アーアーアー」という発声をしているのを「おそ松さんの歌を歌っている」とは言えないということも認めなければなりません。

 

強弱をつけず、いわゆる歌唱技術をすべて捨てて、音高だけに忠実な機械的で気持ち悪い声をマイクに入力することを、「ちゃんと歌っている」とは言えないというのが私の考えです。

 

自分はもともとカラオケ自体が好きで他の機種で「ちゃんと」歌ってますが、点数のために気持ち悪い声を出す人たちを尊敬はしていません。

(もちろん、ゲームとしてやっている遊び方を否定はしませんが、私の価値観では「ちゃんと歌っている」の定義としては当てはまらないと考えます)

 

Q. 非効率でも気持ち悪くても「自分の力で獲得する」ということが大事では?

A. そういう価値観を持った方が、そのようにすることを何も否定しません。

 

「自分以外が歌って獲得した景品」など絶対手に入れない、Twitterでの譲渡・友達との交換・メルカリなどでの購入、一切しない、たとえコンプリートできなくてもそれ以上望まない。

結構なことだと思います。サムライみたい。かっこいい。

 

しかし名古屋とか北海道とかにお住まいの方は大変そうですね。ワンカラ遠いしなぁ

そういう方々にそういうルール押し付けるのはさすがにかわいそうなんでやめてあげてください。

私は自分でいっさい歌わず人の力で揃えたものをお金で買っても全然いいと思ってますし。

 

ただ私自身は全部自分で獲得してるので人からもらったことないです。

店に行って、お金払って、時間使って、マイクに入力して、ポイント貯めるの、全部自分でやってるので…でも他人のをもらうことを悪いことだとも思ってないので、追加で欲しかったらメルカリで買うかも。

 

Twitterとかで「交換などは自分で交渉して努力して自分の力で集めてる!」っていうクソリプもらわないうちに先回りして書いておきますが、それ「どこまでが自分の力で景品を集める方法と言えるか」についての話にすり替わってて「採点チャレンジを自力でクリアして獲得すべき」という意見の是非を問う話じゃなくなってますからそういうめんどくさいのはやめておいてください。

 

Q. なんかコ○ダカが性能のいい機械作れないから悪い、自分は悪いことしてないって聞こえますが?

A.  別に性能のいい機械が作れないことを「悪い」って言ってるわけではないのでその点は否定させてもらいます。

 

人間が歌唱するべきという思想であれば、音程よりもなによりも、まず人間が歌唱してることを判定する機能を真っ先に実装しないといけませんがしていません。

「実装できなかった分は運用でカバー」となるのが開発現場の常ですが、運用でカバーもしていません。

ここでいう運用でカバーとは、「人間が歌唱するべき」という思想の周知と、キャンペーンのルール化です。

それをしていないということは、そもそもそんな思想は存在しないか、人間が歌唱しないことも想定したうえでキャンペーンを設定している、ということになります。

 

まあ実際いまの採点機能のまま、人間が歌唱していることや歌詞通りに歌っていることを判定する機能もつけたとすると、みんなが正々堂々と「歌って」70点くらいを出し続けてコースターがもらえない世界になるだけだと思います。誰も参加しなくなるしコ○ダカも損すると思いますが。

 

Q. 参加者を増やすために悪質なユーザーが増えたら意味ないのでは?

A. 「悪質なユーザー」の定義を、「自分で歌わない人」と解釈して私の意見を述べます。

 

声を出せない機能障害を抱えた人や、音高をあてられない、いわゆる音痴な人を排除して参加者を絞るよりも、「攻略法」を使う参加者が増えたほうがメリットがあれば、意味はあります。

そしてそのメリットはあると考えます。私が企業側ならそうします。

 

さらに、私が企業側なら、そういった方々が「攻略法」を用いて参加することでお金を落としてくれたり、すきっとの稼働率知名度を上げてくれるのであれば、それを「悪質なユーザー」と呼ぶような真似は絶対にしないと言えます。

 

もっと言うと、そういう人たちに「攻略法」を使うことを認める前提で、「健常者なんだから自分で歌え」とか「音痴じゃないんだから自分で歌え」とかいうのもおかしな話で、ハンデをなくすというのは全員が同じ土俵で力の差なく闘えることでなければならないので、全員「攻略法」を使えば良いと思います。

えいがのおそ松さんの年代考察 〜その他編〜

競馬とカラオケ以外にも検討したい材料がたくさんある

競馬もカラオケも好きなのでこの2つを主軸にむつごが18歳だったのはいつのことなんだろうかというのを考察(妄想)してきました。

tamago625.hateblo.jp

tamago625.hateblo.jp

 

これ以外にもいろいろヒントがありそうなので挙げていったら量が増えてしまったのであらたにこの記事にまとめることにしました。

 

スマホについて

18歳の十四松が登場する楽しいシーン。

背景のお店では「新スマホ ホイホイホーダイ」というのぼりが立っています。

ホイホイホーダイってなんやねんw

客をホイホイ釣るんか?w

 

18歳の一松が登場する楽しいシーン。

みんなで写真を撮るのにコンデジ使っています。

コンデジが普及して、携帯とは別でカメラを持ち歩く人が多かった頃ですね。

高画素のガラケーも出てきていたものの、物足りない感じでした。

しかしえいがのコンデジ、なんであんなストロボの音が重たいのか謎です。

 

文化祭のメイドを撮る子たちもみんなガラケー

 

卒業式の日にイチたちを撮ってるのはインスタントカメラです。

(私もまさか写ルンですが消えゆくと思いきや不死鳥のように蘇るとはこの頃は想像もしていませんでした…)

どうでもいいんですけどこの子の撮り方だと絶対写真の端っこの方に指の影が写りません?

 

高橋さんの家で7ショットをとるときも、わざわざ、カメラをとってきています。

 

高校生にはまだスマホが当たり前になっていない時期です。

しかしホイホイホーダイののぼりがあるところを見ると、おそらく普及期にはあると思われます。

ガラケーからの乗り換えとかのキャンペーン(社会人向け)ではないかなと。

 

じゃあ実際その時期っていつなんでしょう。

 

今回もwikipedia先生に教えていただきましょう。

スマートフォン - Wikipedia

2008年に個人向けのインターネットサービス、2010年にblackberry用spモードを提供とありますね。

つまりこのころに業務利用ではなく個人が自分のケータイをスマートフォンに変え始めているはずです。

日本のガラケーって独自すぎるとはいえ進化しすぎていたのも事実で、思い返すと「あれってスマホじゃなくてガラケーだったんだっけ?」みたいな機種がたくさんありますね。(biblioとかあったなぁ…auの尖った端末好きだったなぁ…Xminiとかもよかった)

 

ほら、2010年ぴったりすぎませんか? 

松造の休暇について

そこそこのブラック企業でも子供の卒業式とか入学式にお休みをとらせてもらえてるお父さんはたくさん見て来たので、やはり卒業式は平日に行われていて、前日が中山開催の日曜だったという線は全然ありえるなと思ってます。

 

学生さん目線で考えると土曜に仕事で卒業式が日曜でお仕事お休みだったんじゃない?って思うかもしれませんが、社会人から言わせると日曜にお仕事している「サラリーマン」はたくさんいますので全然特定できないです。

 

これに関しては日曜仕事で月曜卒業式にしたいからっていう気持ちのこじつけではなく、松造の前日当日の行動だけではその日程を否定できる材料にならないという感じです。

 

あともし3月14日が土曜日だったとすると、この記事の表のとおり、天候面であてはまる日程がなくなってしまうんですよね…

ホワイトデーについて

ホワイトデーのわりには誰もそわそわしていないな…ということで卒業式前日が3月14日なのが疑わしいな〜なんて思っていましたが、よく見るとトト子ちゃんのそばに、花束とかぬいぐるみとかあるんですよね。これ、いただき物なのではないかな?と(いやそもそも最初はバイオリンも持ってなかったけどねギャグアニメだからね…)

 

f:id:tamago625:20190904184106g:plain

高校の頃は大人っぽくなることに憧れて20代になってから幼く見える髪型にする、あると思います…

完全ヒロインしていて彼氏の存在も匂わせない当時のトト子ちゃんに対して、抜け駆けしてプレゼントできる男子高校生ってそんなにいないかもしれないし、にゃーちゃんみたいなファンの子(女子)からもらったプレゼントの可能性も高いですね。

 

自分の高校時代を思い返すと、すでに友チョコとかやってたしバレンタインに女子同士で盛り上がるくらいで、ホワイトデーは静かだったかもしれません。

 

ところでホワイトデーに男子でつるんでカラオケに行く連中、みんな絶対彼女いないだろうと思うんですが…。

体操着について

女子がブルマじゃないあたりに現代っぽさを感じます。

wikipediaを見てみると、

公立校は2004年、私立校でも2005年を最後に、女子の体操着としてブルマーを指定する学校は日本から消滅した。 

とあります。

95年に問題提起され徐々に廃止の機運が高まり、その後数年で廃止した学校が増え、遅い学校でも2004年には廃止されたということになります。

 

対応が早かった自治体であれば2004年以前にすでにハーフパンツなどに変わっていたでしょう。

自分の記憶だと実家から最寄りの神奈川県立高校でも2000年時点ではすでにブルマではなくなっていました。

赤塚高校も都内ですし同じ頃には対応されていそうです。

カラオケのリモコンも2003年以降となりますし、それより過去の年代である可能性はなさそうですね。

むつごの年齢設定について

むつごは20代前半という設定だったと思うしそう信じていたのですが、ソースがなんだったかまったくわからず、ほんとに公式設定だったのか?と疑問に思ってちょっと調べてみました。

おなじみWikipediaで見るとどうやら日経エンタテイメントで言及されていたようです。

個人的なルールではこういうのは「あくまでも裏設定」なので考察には影響しないんですが、せっかくなのでもうちょっと踏み込んでみます。

 

前回の記事のとおり、2010年が高校の卒業式、当時18歳だったむつごは、えいがの「現在」を2019年とした場合、27歳です。今年の5月で28歳を迎えることになります。

2015年(1期)を基準とした場合、24歳なのでこちらのほうが自然ですが、いずれにしても内川の「学生だっけ?」って質問がいまいち不自然ですね。

(もちろんその年齢の学生さんも世の中にはたくさんいるんですが、高校時代のむつごのことを知っていてなお学生やってると思うか?と…)

 

ところで2期の冒頭、だいぶメタ的なナレーションと白黒のむつごが、1期から2年経過していることを明言しています。

そのあと登場するイヤミとチビ太も、時間が経過していることを示唆していますね。

その後も「キャンペーン発動!」や「年賀状」「チョロ松事変」で現実世界と日時がリンクしています。

 

2019年3月15日の時点で28歳の場合

ではもし、2015年から2019年まで現実同様に時間が経過しているとすればどうでしょう。

 

2015年10月(1期スタート時点)〜2016年5月23日まで20代前半の最大値24歳であった場合、前回の考察のとおり2019年5月24日で28歳となります。

一応、この線で考えればこれまでの考察が破綻することはなくなりました。

 

その年齢で全員ニートだったらそりゃニート村って言われてもしかたないし内川も心配してきつく言うのわかるし周りのみんなも引くわ。

2019年3月15日の時点でも20代前半設定で24歳の場合

1期放送開始の2015年10月の時点で21歳です。

20代前半設定としてはこれでギリギリの若さかなと思います。

そうすると高校卒業は2013年3月ということになります。

 

これ、成立しなくなっちゃうんですね。

 

先のカラオケ考察のとおりですが、2013年1月の時点で一松の手にしているデンモクには新曲配信されていないため、高校生をターゲットとした立地のRanRanがそんな設備というのは説得力があまりないように思います。

 

また競馬の考察からいくと2013年3月14日は木曜日のため、そもそも中央競馬は開催されていません。かつ天候も完全に日照時間0です。

こちらが府中で

www.data.jma.go.jp

こちらが船橋です。

www.data.jma.go.jp

船橋は夕方に日照時間がありますが、当初おそ松とカラ松が競馬場に着いたころ、外の様子は晴れでした。

っていうかだからこんなこと調べなくてもそもそも中山開催してないってば!

 

じゃあサザエさん方式で、歳とってません!っていう場合どうなるでしょうか。

 21歳で高校の同窓会して、みんな社会人になっててニート村があんなに怒られることあるでしょうか?

そりゃ大学進学せずに働いている人もいるでしょうが、大学進学せずにあつしくんあそこまで成り上がってたらやばくね?B●W買える21歳1軍とかいうレベル???

2015年10月〜2019年3月15日まで歳をとっていない場合

せっかくなのでもう少し、サザエさん方式で歳とってないっていう場合を真面目に検証してみましょう。

 

これは簡単な話で、卒業式の可能性がある2004年と2010年のいずれかで18歳だったときに成立する年齢を考えるだけです。

当然2004年は除外されますので、2010年3月時点で18歳だったとすれば、2015年10月の1期スタートは何度も出ているように24歳となります。そこから先「おそ松さん」たちは歳をとっていない、2019年3月15日も24歳。

来月5月24日に誕生日が来ても、彼らは24歳です!

 

まとめ

まとめっていうかまとまらなかったことをここに詰め込んでみましたがいかがでしたでしょうか。

円盤が出たらまたいろいろ書くかもしれません。

 

パチンコCRおそ松さん〜おうまは最高!〜を打ちたい初心者向けガイド

パチンコCRおそ松さん〜おうまは最高!〜の遊び方を解説

おうまは最高!で遊びたいけどパチンコのルールがよくわからない、コツが知りたいという「初心者」向けにかんたんに解説します。

この記事では99verを想定して説明していきますが、69verもスペック表で異なる確率や出玉以外は同じです。

 

スペック-99Version|パチンコおそ松さん~おうまは最高!~

 

とくにこの機種は全国導入3000台、設置店舗は約1000店と少なく、かつその店舗に1台しかなかったりと、なかなか遊べる機会がありません。

ダイイチ直営店に遠征したりする方もいると思いますが、せっかく座れてもろくに遊べず飲まれて終わりではつまらないですよね。

 

最低限の遊び方と、実際どのくらい当たるものなのか?というところを知っておくだけでも、ぐっと楽しめるようになります。(あとイライラしなくなります)

 

基本的な遊び方のフロー

非常にシンプルでわかりやすいルールです。

用語といっしょに説明します。

おうまは最高!

1. まずは左打ち

右下のハンドルを右に少しひねると、球が自動で飛び出していきます。

通常時は★1あたりを狙って打ちましょう。これを「左打ち」と呼びます。

ハンドルを右に回しすぎてあまり強く打つと、球が右の方にいってしまいますが、これでは当たりません。

 

左のどこを狙うかによって、球が落ちていく軌道も変わります。

その日のその店のその台の釘次第なので、これは微調整しながらちょうどいいところを探すしかありません。

 

ちなみに硬貨などを使ってハンドルを固定することは基本禁止されています。

詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

www.bengo4.com

 

たしかに固定してれば疲れなくていいんですが、甘デジだとちょくちょく当たって打ち変える必要があるので、個人的には結局固定したり外したりするくらいなら最初から固定しない方が楽だと思ってます。

 

甘デジと確率についての話はまた後ほどしますね。

 

2. ヘソを狙う

盤面の中央下★2に聖澤庄之助がいます。

これが「ヘソ」と呼ばれるもので、ここに球が入ると★4のドラムが回転します。

通常はこのヘソに球を入れるようにがんばってください。

ハンドルの加減で、ちょうど球が入りやすい流れを探ります。

 

ヘソに球が入らないと本当に何も始まりません。

つまり、甘デジで当たる確率が高くても、釘でここに入らないよう調整されていたらなかなか当たらなくなってしまいます。

だから釘を見るのは大事なんですね。

 

左打ちをして、ヘソの方にいく球があまりにも少なく、左側の釘が開いてるところからポロポロこぼれて消えていく球が多すぎる場合はあまり良い釘とはいえません。

4円パチンコの場合、1000円で250個の球を使うことができますが、1000円分打って20回ドラムが回せればまあまあ、10回だとかなり渋いと思ってください。

逆に25回くらい回せてるのに「全然回らなくてつまらない!」と思ったりしないようにしてくださいね。

 

とはいえ近隣ではしごして良台を見つけることが難しい機種ですので、もし自分が座った台が1000円で10回転なら「この先1万円まではスッて良い」と割り切って演出を楽しむか、別の機会を待つかの2択になります。

 

自分の狙い所が悪いだけの場合もありますので、まず最初の1000円分で球が入りやすいところを探して、次の1000円分で何回転できたかチェックしましょう。

これでもし全然入らないような台であれば2000円の損失でやめられます。

(その2000円を惜しんで取り返そうとする人が何万も負けるのがパチンコです)

 

3. 保留ランプ

ヘソに球が入りドラムが回転している間に次の球がヘソに入ると、★3の「保留ランプ」が点灯します。

保留は4回分まで貯めることができ、満タンの状態でヘソに球が入った場合は死に球となります。(ドラムを余分に回すことはできない)

とはいっても、ヘソに球が入ることで「賞球」と呼ばれるご褒美が数個出てきます。

ヘソの左側にも小さい入賞口(チャッカー)があり、ここに入った場合も球が出てきます。

 

ときどきこの保留ランプが点滅したり色が変わったりします。

  • トド松「やる気ない感じに見せといて〜…」で白点滅はあまり当たりません。
  • カラ松「もっともドラマティックなんだ」で青に変化でちょっと期待。
  • 毎回セリフがよく聞き取れないんですが赤に変化で激アツです。

赤くなったところでハズレもしょっちゅうあるので期待しすぎるとガッカリします。

 

プレイしているとときどき紫になることがあるのに気づくと思いますが、これは大当たり中のみで、毎回ブラックアウトするのですがだいたい何も起きずに終わります。

何十回かに1回、競馬リーチに発展することがあるくらいです。

 

4. ドラムは見てなくても問題ない

身もふたもないですがプレイするときに大事なのは球がヘソに入るかどうかなので、回るドラムをワクワクしながら見ている必要はまったくありません。

私はずっと球の行方を追っています。

 

ほとんどの回は何も起きませんから、キャラクターがしゃべったり、保留変化で期待の予告があったとき、あとは大当たり中に眺めるくらいで大丈夫です。

スロットだと出目によって設定を判定したりするので見落としがあると困るのですが、パチンコはぶっちゃけ目を閉じててもプレイすることは可能です。

 

ですがこのドラムなかなか面白くて、リールが個別に動いたりするんですよね。

ときどき左リールから順に光って上に上がっていく予告があって、これ派手な演出で見るのは好きです。

ただ右のリールが上がって当選するのはこれまた何十回に1回なので期待はせず眺めましょう。

こういう演出にいちいちワクワクしているとガッカリ度合いが半端なくてイライラしてくると思います。

 

そしてこのドラムで「777」が揃えば当たりです。赤や青など違う色が混ざった「777」は当たりではありませんので、「なんでー!?」って思わないように。

ごく稀にこれといった派手な予告もないままいきなり揃うことがありますが、多くの場合なにかしらアツそうな予告があります。

 

ヘソに入って当たるうちのほとんどが3R(約315賞球)ですが、1%の確率で16R(約1680賞球)が当たることがあります。このときは赤7がクロスで揃います。

 

私が見たことあるのだと、実況が「松野チョロ松の日常…」とか喋り出して、特定のキャラのドキュメンタリー風ナレーションが始まるものや、ただの青保留ダブルリーチでどうせ当たらないだろうと油断してたらあっさり当選っていうことがありましたね。

 

細かい演出の期待度はまた別の機会にまとめようかと思っています。

 

5. 当たったら右打ち

ドラムに「777」が揃って大当たりが出ると、「右打ちしてください」というアナウンスが流れます。

そしたらハンドルを右にめいっぱいひねれば、★5に向かって球が飛んでいきます。

大当たりになると★6の入賞口が大きく口を開けて待っていてくれますので、ここに球がコロコロ入っていって賞球がもらえます。

 

スペック表にある「3R」とか「16R」というのはここが開く回数で、1Rあたり「7カウント」つまり7個球が入ったら閉じられます。

賞球15個×7×3R(16R)が大当たりのご褒美ということになります。

 

16Rだとフルコーラスの楽曲のラスサビ前くらいまで聴けます。

すべての曲にそれぞれドラムとライトの動きが連動していて見応えあります。

私はこれがすごく好きですね〜ノリノリになります。

 

釘次第ではなかなかチャッカーに入らず長めに聴けることもあります。

つまり球を打たずにいるとずっと聴いてられるように思えますが、本当にずっと放置していると賞球0のまま終了するので注意してください。

 

あとパチンコでもスロットでも大当たり中の消化を遅らせて長々と台を放置するのは周囲に対する示威行為になり反感を買いますのでやめましょう。

自然と音量が小さくなる機種もありますが、そのままになってしまう機種もあります。

大音量で大盛り上がりのままトイレとか行って帰ってこないやつがいると「うるせえな」って思います。

 

6. 松野家グランプリで連チャンを狙え!

ラウンドが終わると、さらにその後に「松野家GP」が開催されます。

これは何かというと、「時短」「ST」と呼ばれているものです。

 

普段は、なかなか入らないヘソを狙ってドラムを回しますよね。

「時短」「ST」はこれを短時間でたくさん(99verで40回、69verで30回)回させてくれるサービスです。

 

右打ちをしていると★6の上にある赤い三角のぴょこぴょこ(電チュー)が動きます。

ここがヘソと同じ役割をしていて、ここに球がどんどん入り賞球も出てくるため、持ち球を減らすことなく短時間でたくさんドラムを回せるわけです。

 

「時短」はその名の通り時間短縮でしかないのですが、「ST」は「確変(確率変動)」のことで、通常より当たり確率が高い状態でドラムを回せます。

これで連チャンすればまた3Rか16Rのご褒美がもらえますので、連チャンで持ち球を増やしていくことがこのパチンコの目的となります。

 

気をつけなければいけないのは、電チューは自動でぴょこぴょこしてくれるわけではありません。

実は電チューの上に「スルーチャッカー」と呼ばれるゲートがあり、ここを球が通過すると電チューが開くのです。

普通に右打ちをしているとだいたいここを通るのでぴょこぴょこし続けてくれるのですが、スルーを通りづらいように釘を調整している台があります。

 

そうなると

スルーを通らない→電チューが開かない→保留もたまらないし賞球も出ない→右打ち中に球が減る

ということが起きます。

 

ヘソの釘が甘くどんどんドラムを回せてどんどん当たるように思える台でも、実はこういうところで持ち玉を削られていることがあります。

 

釘調整は奥が深いですね。

 

とくに連チャンしなかった場合は通常に戻りますので、「左打ちに戻してください」と言われたら右打ちをやめましょう。

右に打ち続けても球が死んでいくだけです。

 

以上が基本的な遊び方…というかそれ以上でもそれ以下でもない、それしかやることはありません。

とってもシンプルでわかりやすい台です。

 

実際どのくらい当たる?1/99なら99回に1回当たるの?

結論から言うと、99回に1回当たるとは限りません。

もちろん99回に到達する前に当たることもよくありますが、「よくある」だけです。

700回くらい回してる台なんかもあります。

 

「○回回したら確実に当たる」というものではありません。

いわゆる「天井」がありませんので、500回もハマってるからそろそろ当たるだろう、とかそんなことは関係ありません。

単純にドラムを1回回すたびに「1/99の確率で当たるくじ引き」をしてくれてるだけです。

 

つまりどこから初めても同じこと。

自分が座って、そこから1回回してそれが当たる確率は1/99。

2回目も、1/99。

ただ、逆に考えればハズレだけを永遠に引き続けるのもまた難しいわけです。だって1/99の確率で当たっちゃうから。

 

そういう確率の計算で、1/nの確率の抽選を試行したとき、n回以内に当選する可能性は63%だそうです。

99verなら99回ドラムを回して当たる可能性が63%しかありません。

nの2倍の回数以内に当選する確率が13%。

つまり76%の確率で198回以内に当選します。

24%、およそ1/4の確率でそれを超えて回すことになります。

結構リスクあるでしょ?

 

その覚悟を持って回すか、「100回くらい回したらもう当たるでしょ」と考えて回すかで、メンタルへのダメージが異なります。

そういうもんだ、と思って割り切ってプレイしましょう。

 

甘デジだからといって当たりやすいわけではない

先ほど少しだけ釘の話もしましたが、甘デジや遊パチというのは名前だけ見れば簡単に当たりそう、安く長く遊べそう、と思われがちですが実際はそうではありません。

 

たしかに当たりの確率は高いのですが、反面、そのために店側が釘を締めてなかなか入賞しないようにしていることが多いです。

 

おまけに、それを乗り越えて当たっても出玉は少なめ。

勝つまでに時間がかかるし疲れるし、500回ハマって飲まれるときは、1/319の機種でも1/99の機種でも同じだけ飲まれます。なのにその後当たってもリターンがないので、取り返せるまで続けて投資するのが難しくなります。

 

好きな台で遊びたいから、スっても良い、遊ぶためにやるだけ、と割り切ってやるのが一番おすすめです。

私は少なめの投資で遊べて、大きくは勝てないけど少ない損失でやめられて、時間さえかければそこそこ出る、この機種はかなり好きです。

 

競馬リーチで誰を選ぶ?

結論から言うと、「誰を選んでも関係ない」です。

 

ヘソに球が入って抽選された時点ですでに当落が決まっています。

あとはワクワクさせる演出を長々と見せられているだけです。

 

時短中は600m地点から始まって短めに終わりますが、通常時のヘソ入賞だと2400m障害まであって長いこと長いこと。

これでハズレだったときの虚しさほんとつらいです。

 

ただまあ自分が楽しむためにある程度キャラクターは選んでいます。

 

着席1回目でこれといった演出がない場合の競馬リーチ→一松

青保留&ハニーやバイクなどのアツめのカラ松のセリフからの競馬リーチ→カラ松

赤保留orチーターなどのアツめのおそ松のセリフからの競馬リーチ→おそ松

保留色と一致しないバイクからの競馬リーチ→チョロ松

保留色に関係なく「絶対十四松!」や「野球」セリフからの競馬リーチ→十四松

時短orST中のこれといった演出がない競馬リーチ→トド松

 

で外れたら次回競馬リーチは同じキャラクターを選びます。

トド松のフェローリは正直あまりアツくないのかな?という印象でそこから競馬リーチにいくことがあんまりないんですよね。

 

カラ松は普段から保留やリーチでセリフが多い分ハズレも多いので、青保留と重なったときしか選んでません。毎回カラ松になっちゃうしハズレたらカラ松にハズレるイメージついちゃうんで。

 

おそ松のセリフは出現頻度が低い気がしてて、かつ赤保留と重ねて期待度が高いときに選んでるのでだいたい当たるし、やっぱ競馬だからこそ「おそ松兄さんかっこいい〜!!」ってなりたいがためにやってますねw

 

あとは連チャン中に適当に三男〜末弟をローテしていく感じ。

 

推しを選んで当たりたい、推しを選んでハズレたくない

っていう方におすすめなのはやはり予告で期待度が高い演出だったときに推しを選ぶことですね。

通常中であれば「赤保留」を目安にします。

青保留はしょっちゅう外れますので。

 

あとはドラムブレイク演出でデカパンのあとに少なくともチビ太、そのあと導光板の赤むつごが表示されたときは少し期待度が高いのでそれをラインにしましょう。

ダヨーンはしょっちゅう出てきますが、保留やほかの演出と重なってないと全然当たらないです。最低でも3段階目の「楽しみダヨーン」か赤フラッシュの「ダヨーン」じゃないとワクワクしないですね。

当選のアツさというよりはそもそも「競馬リーチにいくかどうか?」のアツさの目安にしかなっていない印象ですね。

 

ちなみに★6あたりにあるセグ(数字のデジタル表示)にKEIBAって出てたら競馬リーチ確定なのでその時点から演出をチェックしておきましょう。

 

先ほど説明した「時短」と「ST」の違いもある程度判別できます。「ST」のときはそもそも当選確率が高いので、期待度が高い演出がきたらその時点で当選している可能性が高いです。

逆に時短orST中なのに競馬リーチでハズレたら、「あ、これただの時短かな(スンッ…)」ってなります。

 

あと負けたと思わせて「あぁっとレースにインチキがあった模様です!」って言いながら当選することがあるので、直前までの演出がめちゃめちゃアツかったのに負けた時は保留ランプ見ちゃいますね。消えずに残ってたらまだ演出続いてるので。

落馬したら勝てる可能性高いの?

落馬しないよりは高いように思えますが、実際は落馬しなくても他の要素で当選濃厚が示唆されていたりします。

期待度はあくまでも個人的な印象ですので参考程度に留め置きくださいね。

途中経過で2位

もっともよく見るパターンです。

途中経過2位だった場合は期待度30%くらいに思っていた方が心の健康に良いです。

落馬が絡んでも平気で負けたりします。

休憩して水飲んだりスマホチェックしたりしちゃう。

競馬リーチ前の演出のアツさと落馬でちょっと期待度が高まるくらいです。

すんなり勝てることもなくはないので、演出の期待度込みでも50%くらいじゃないかな?という印象ですね。

途中経過で1位

脳汁が出そうなドゥルドゥルという音とともに1位で表示されたらアツい!

でも途中経過1位でも負けたことはあります!ほんとに!つらい!

1位の時にセグが「66」で停止することがあるんですけど、これは当選濃厚ですね。

(建前上「確定」とは言わず「濃厚」としておきます)

セグ停止なし、落馬なしでも余裕で当選したりするくらいアツいのが1位です。

負けたことありますけどね!!

 

ハードル障害で落馬、続けてゴール前に落馬で実況が「独走状態です!!」って喋った時はびっくりしましたね。

そんなアツい状況でまさかシングル(3R)とはね。

 

ちなみにセグが「77」で停止し落馬なしで当選したときは、当選時に導光板のむつごがレインボーで表示されて16Rだったりしました。脳汁ドバー

だから落馬はあんまり関係ないんだって。

途中経過で3位

むしろ1位よりレアなんじゃないかと思ってる。あんまり出ないです。

1位とまったく同じパターンで、セグが「77」で停止し落馬なしでゴールしたらレインボーむつごが出て16R当選し、脳汁ドバーだったことがあります。

レインボーむつご無し含めると合計4回ありますね。

単純に落馬なしで16R当選だったこともある。

てか自分がメモってる分だけで、5回中4回が16Rですねこれ。

 

いや〜3位の方が圧倒的にアツい。

 

残り1回の普通にシングル当選したときは、そのまま松野家GP1回転目にドラムが3つ上がっていきなりシングル連チャンしてましたね。

 

「途中経過3位でセグも止まらないし落馬もなし、はぁ〜全然ダメだな」って思わせておいてドバーさせるやり口、いいぞもっとやれ。

調教チャレンジの期待度は高いの?

ぶっちゃけ期待してません。連打するのめんどくさ…

自分の体感だと10%〜20%くらいで当選かなと思ってます。

なお先に説明したとおり抽選は済んでいますので、必死に連打しても意味はありません。周りから変な目で見られるのでぶっ叩かずに普通にぽちぽちしましょう。

当選のとき

たぶん最低6回叩けば良さそう(いつも普通に連打するから試したことないけど)

普通に連打らしいペースで連打するとカラ松まで表示された後すぐにおそ松まで点灯します。楽。

 

一度、いつもよりやたらトド松で時間かかってるなってことがあったんですがそのあと残り5人が一気に表示されたりしました。

たぶん叩いた回数と経過時間でごにょごにょしてるんだろうなと思ってます。

落選のとき

ぽちぽちしていけば必ずカラ松までは表示されますが、おそ松兄さんは粘ります。

当たる時はすぐ当たるのでおそ松兄さんが粘った時点で叩くのやめていいです。

ふわーっと消滅していきます。

 

まとめ

というわけで、最初に知っておくことでプレイ中も心穏やかに過ごせそうなポイントをお伝えしました。

パチンコは適度に楽しみましょうね!

続・えいがのおそ松さんの年代考察 〜カラオケ編〜

えいがのカラオケシーンが琴線に触れ妄想が生まれ記事が生まれる

前回続ける気はないと言ったものの、書きたいことがいろいろ出てきたので、引き続きTwitterでつぶやいてたことをちゃんとまとめて書いていきます。

前回の記事はこちら。この記事についても補足したいことがいっぱい出てきたので最後の方にまとめます。

追記:

補足が増えたので内容を整理して3つの記事にしました。

 

tamago625.hateblo.jp

tamago625.hateblo.jp

さて、先の記事では競馬と当日の天候から、卒業式は2010年だったのではないかという説を展開しました。

それをさらに強めることができる材料がしっかりありました。

 

そう、カラオケです。

 

カラオケという題材は年代が特に出やすいところ。これはしたり。

 

非常に個人的な話をするとヒトカラという言葉が生まれて浸透する前から普通に一人でカラオケに行きまくっていたくらいにはカラオケが好きなので(そのうちまねきコラボについても書くかもしれません)、松がカラオケに行くシーンを公式本編で描いてくれたことが嬉しすぎました。

これはもう記事書かずにはいられません。

しかもみんなウケてるかなり面白いシーンに仕上げてくれて、感無量。

 

でもかなりびっくりしたのが、一松の「しょうがないでしょ俺カラオケ来たことないの!!」発言。

 

あんだけウィーしておいてあのメンツとカラオケ行ったことないの?嘘でしょ?毎回理由つけて断ってたの?enjoyの試着も断れないイチが???断れるの???カラオケを?????

大人のトド松でさえ内川の誘いをうまくかわせずに連れていかれるくらいなのに…

 

それに後から入って来た柳田も「あれ、イチがいる」って言ってますがその後のセリフから察するにこれは単に「家に帰ったんじゃなかったっけ」っていう疑問でしかなくて、イチが珍しくカラオケに来た!感が一切ないんですよね。よくわからない。

 

だいたい松野家は家族でカラオケとかしないのかよ…そこが残念だよ…

「いや自分歌とか無理なんで」って言って留守番してたりするの?

むつごでカラオケ妄想ができないじゃないですか…

 

むしろananの無理にカラオケしてるイチのほうがありそうですし、家族と行った時は自分のペースで歌える一松というのもありそうな妄想なのですが、私は公式の製作した本編と公式サイト以外の情報に関しては公認であっても「あくまでも裏設定」「そういうサービスコンテンツ」と捉えるタイプなので、えいがのカラオケ未経験が正史と考えています。ananは違う世界線っていう考え方…

 

f:id:tamago625:20190904183234g:plain

この公式GIF、内川のGIFがあれば「カラオケいこうぜ」とかに使えるのに…

しかし自分で矛盾するんですが本編以外の情報を除外して捉えると、「えいが本編全体がすべて高橋さんの夢」とか、なんなら「高橋さんのくだりも含めてすべてがファンの誰かが見てる夢というメタ設定でそれを映画という形で見せられている」という壮大な夢オチの可能性も捨てきれなくなってきます。

ただ、そうするとなんでもありになってしまって、ananのほうが現実世界の可能性も出て来ます。

 

もうこんなの人それぞれ好きに妄想すればええんや

この記事は私の妄想を垂れ流すんや

 

これ全部前置きです。長いですね。じゃあ本題いきますね。

カラオケRanRanのシーンから見る年代

一松たちの入った部屋はDAM

カラオケ機器本体が描かれていないしスクリーンに映ってるのもぜんぜんカラオケ映像じゃないし内川は歌詞も見ずに歌ってるのかなんなんだこれは…という疑問も浮かびますが、そこはおいといて一松が手にしているリモコンに注目しましょう。

 

このUIはDAMの古いタイプのデンモクで、いまだにこの白黒のUIのまま稼働している端末もありますので、見覚えのある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私はこの端末を「PM100Ⅱ-DK」と睨んでいます。

  • 白黒タッチパネルである
  • カテゴリボタンが落花生みたいな変な形してるUI
  • 右のメニューを除いた落花生カテゴリが3カラム
  • 端末の下部に物理キーがない

この4つが根拠です。

前身モデルである「PM100-DK」もハードの見た目には同じことが言えますが、カテゴリが2カラムなんですよね。えいがだと落花生みたいな形はしてないのですがレイアウトが同じです。

また後継モデルの「PM100Ⅲ-DK」になると、端末下部に物理キーがあります。

 

まあ麻雀の作画のひどさから考えても、これは単に作画上省略されているとも考えられますし、また特定の製品として描かないようにあえてテキトーにハズしているだけというのも十分考えられます。

 

ただ物理キー部分を、簡略化して描くことすらしていないということから、それはないものとして検討したいところです。

ちょうどすべての条件に当てはまるのが「PM100Ⅱ-DK」しかないので、これを推していきたいと思います。

特定したデンモクの稼働年代は2003年〜2013年

前回の記事で仮に20年分の中山日程と天候を調べましたが、ちょうどその期間内におさまっているので、これも年代を裏付けるかなりありがたい重要な材料になりそうです。

 

あらためて調べてみると驚きですが、デンモクって1モデルが10年稼働し続けるんですね。

実際には新モデルが出ても店側は予算の都合などもあるし徐々に入れ替えられていきますから、2013年の時点で稼働していたデンモクが2003年の時点で導入されたということはあまりないかもしれません。(ていうかたぶん10年使う前に壊れます。)

2008年くらいにようやく切り替えるような小さいカラオケ店がそのまま5年稼働させるというのは十分にありえます。

 

2013年1月に新曲の配信が終了しているというだけで機器はその後も使えるんですが、宿泊施設のパーティールームとかならともかく、通常営業しているカラオケボックスでそれはないと思うので、えいがのシーンもおそらく2013年以前でしょう。

 

ちなみに本体のほうは、現行最新モデルが「LIVE DAM STADIUM STAGE」(2017年10月発売)なのですが、これは前身の「LIVE DAM STADIUM」(2015年4月発売)のマイナーモデルチェンジ的な立ち位置になります。

 

ここ最近のDAMの傾向では、だいたい4年周期でメジャーの最新モデルが出て、発売から2年ほどでマイナーチェンジされたモデルが出るという感じになっています。

 

ただこの最新より一つ前の「LIVE DAM STADIUM」への切り替えすらまださほど進んでいなくて、大きいチェーン店でもいまだに旧モデルの「LIVE DAM」(2010年10月発売)が現役バリバリだったりします。もうすぐ9年です。

LIVE DAM」の出来が良かったというのもありますが、お店からすれば1台200万〜300万くらいする機器を常に何台も買い換えることは現実的ではないわけで、どうしても2モデル3モデル飛び越えての入れ替えとなりがちです。

 

カラオケってほぼ第一興商とエクシングの一騎打ち状態で新規参入が難しく、あまり競争しないので価格も下がらないし、そういう業界なんですね。

 

ちなみに一松が持っている形状で「LIVE DAM」に対応できるデンモクはないため、RanRanで一松たちが入った部屋はもっと古い「cyber DAM」(2000年10月発売)や「Premier DAM」(2007年4月発売)あたりではないかと推察されます。

当時の高校生が利用するカラオケボックスの傾向からも検討する

いまでこそ居抜き戦略で幅を利かせ始めたまねきねこなどが学生向けの割引をガンガンかけて集客していますが、もし仮に10年前だったとすると、まだまだルーム料金も高く、会員・学生であっても都内なら30分400円とか普通にあったと思います。

私もヒトカラは2〜3時間くらいで済ませていた記憶があります。(今はフリータイムで10時間居座ることもあります。ほんと安くなりました…)

 

このRanRanというお店、現実世界でいうとモデルになったチェーン店はバンバンなのではないでしょうか。(BanBanのBの下を抜いた感じ)

 

昔はよく「アパート改築しただけだろ」みたいなボロくて音響のひどいカラオケボックスがあちこちにありましたし、小さくて狭い雑居ビルの中に「ほんとに部屋数あるの?」って思うほど小さいカラオケボックスが入居していたりしました。

そういうところが意外と料金が安かったりするので、自分も中高生のころはカラオケ館だのビッグエコーなどというチェーン店とは無縁でしたし、おそらくRanRanも赤塚高校の生徒からすると、近隣で一番安いからとりあえずここいっとく的なお店なんじゃないかと思います。

友達とカラオケいこっか〜って話になったらとりあえず近場行きますし、入り口で料金見たらメジャーなチェーン店はだいたい高いし避けちゃうんですよね。

 

そうなるとRanRanは設備そこそこでちょい古いかわりにルーム料金が安いんじゃないかと。ワンカラとは対極な感じですね。

基本的に安いカラオケボックスは彼らみたいなグループ客のフードオーダーで利益を出すスタイルですし、制服のまま行くような高校近くに出店するとなるとターゲット層も生徒たちだと思いますし。

 

追記:

ラストで高橋さんが「現代」の赤塚を歩き回ってるシーンがありますが、RanRanがリニューアルしてるんですよね。

別のチェーンが居抜きとかではなくRanRanがそのままリニューアルしてるところみるとうまく営業してるんだと思うので、やっぱり赤塚高校(とおそらく近くにある中学校?学ランの通行人いましたしね)の生徒たちで繁盛していそうです。

 

で、そのターゲット層が相手となると新曲配信されてないなんてありえないってなるので、前項のように2013年よりも少し前の年代感だと思うんですね。

 

さらに、デンモクの発売からすぐには導入してない可能性も高いお店です。

そこで発売時期に近い2003年寄りではなく、2013年寄りじゃないかと思います。

 

もし仮に2003年寄りだとすると、発売から3年経過した「cyber DAM」導入と同時にデンモクの最新モデルを導入したという可能性もありますね。

ただリース料などを考えると、3年も経過した本体機器を今から入れるRanRanが真新しいデンモクにお金出せるかな?というのが疑問です。

 

それよりもむしろ2009年ごろに、発売から2年経過した「Premier DAM」と、発売から6年経過して現役バリバリの「PM100Ⅱ-DK」の組み合わせで導入というほうがあるかな〜と。

 

2007年の時点でCMシリーズとか新しいデンモクは出てるんですが、本体機器の動向からすると2007年にぴかぴかの「Premier DAM」導入ってのは厳しい気がしますね。

 

2007年ごろに発売から2年経過の「BB cyber DAM f-stage」と発売から4年経過の「PM100Ⅱ-DK」の組み合わせってのもアリか。そこから3年稼働もありえますね。

でもWikipediaを見ると

2011年現在この機種を置いているカラオケ店は少ない。

とありますので、もし導入していたとしてもさすがのRanRanも2010年かもう少し前に撤去してる可能性が高いです。

そこらへんも含めて考えるとやっぱり2009年ごろに「Premier DAM」と「PM100Ⅱ-DK」導入説を推したいですね。

 

途中で検討した2004年は、卒業式と前日の両日とも晴れで、天候面でももっとも適していた年でした。カラオケの側面から考察しても2004年なら可能性も高く適しています。

 

でも!2018NEWチョロ松兄さんが32歳になるのはやっぱないよな〜と思うので自信を持って除外させていただきます。

 

えいがの中で茶髪いじりされているので同窓会も確実に2018NEWチョロ松兄さん以降なんですよね。やはり2019年3月15日(1期2期の出来事がほぼ思い出として出てきているのでそれより後)とみて良いように思えます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回もまた妄想をもりもり書いてしまいました。

 

個人的な意見ですが、本編の一部を切り取って「これってつまりこういうことじゃない?」と感じてる時点ではそれはそうだったらいいなという「ただの願望」で、それが「これってつまりこういうことに違いない」と考えた時点でそれは「ただの妄想」となり、考察と呼べなくなると思っています。

 

「考察」をするからには客観的なデータや根拠が必要だと思うのでできる限り検証したつもりですが、まだまだ足りないのは重々承知で、あくまでも可能性の提示でしかないと私も自覚しているので、ご覧いただいた方もそのつもりでマサカリを投げるのはやめていただければありがたいです。

(別にまだ誰からも投げられてませんが)

 

前回に引き続きまたこの遊びにお付き合いいただいた方、どうもありがとうございました!

 

tamago625.hateblo.jp

tamago625.hateblo.jp

えいがのおそ松さんの考察 〜競馬から導き出された「卒業式は2010年」説〜

えいがのおそ松さんを観ていたらヒントが得られたので考察した

結論はすでにTwitterとこの記事のタイトルで言ってしまっているのですが、えいがをヒントにいろいろ調べて、結果むつごの卒業式は2010年が濃厚だと考えました。

長くなりそうな詳細をどこに書こうか悩んだ末にめんどくさくなってもうブログでいいやと思って開設してしまいました(続ける気はとくにない)。

なぜ2010年なのか、順を追って説明していきます。

追記:

補足が増えたので内容を整理して3つの記事にしました。

tamago625.hateblo.jp

tamago625.hateblo.jp

競馬シーンから見た日程の候補

麻雀もパチスロも競馬もやる自分は、おう松さんもおうまでこばなしも麻雀回も2期最終回の地獄麻雀すらも面白いんですけど、えいがでレースシーンが使い回されるとは思わず笑いました。

さて、この競馬のシーン、えいがの中でいうと卒業式の前日、3月14日です。

ここから何年の3月14日なのか導き出せるかもしれない、とそう思ってしまったわけです。

 

だって、中央競馬」と「地方競馬」が同時開催されてる日って結構絞れるじゃないですか。

 

競馬に詳しくない方のために補足しておくと、競馬には「中央競馬」と「地方競馬」があって、中央競馬JRA地方競馬は別の管轄になっています。

地方といっても大井競馬場のように東京に競馬場があったり、中央といっても阪神や札幌に競馬場があったりします。

 

おそ松たちが向かった先は中山競馬場

えいがの中で中山とはっきり出てしまっているのでこれは中山競馬場で間違いありません。

ちなみにもし、明確に描写されていなかったとしても、中山競馬場で間違いありません。

おそ松が「地方競馬始まる」(中継を見る)って言ってることからも、今いるのは大井でも川崎でもない、中央競馬の競馬場で間違いありません。

たとえば今もし大井競馬場にいて大井のレースを観るなら「5R(レース)始まる」とか、最初のときみたいに「次のレース始まる」って言うと思うんですね。

ほかの競馬場のレースが始まるなら「佐賀のレース始まる」とか「ばんえい始まる」とかになるかなと思います。

 

イヤミとおそ松はばんえいとか障害はやらなそうだな〜 (というか朝イチじゃなきゃ、「地方競馬始まる」って言い方もなんか違うよなって思うんですけど細かいことはおいときましょう)

 

「おうまでこばなし」で有馬記念に行ってますよね。 あの有馬記念をやってる競馬場が「中山競馬場」(冒頭でチビ太たちが溶けてた話でそのまま名前が出ています)。船橋にあります。

 

東京に住んでて3月14日という日程で、中央競馬でお馬さんが走ってるのを生で観に行くとしたらこの中山競馬場しかありません。

東京競馬場の方が圧倒的に近いんだけど、3月14日だとレースが開催されていないのです。

 

正直なところ、こんな状況で赤塚高校周辺から中山競馬場まで行くってやべーなって思いますが、いけない距離でもないですし…

なぜ近場のWINSじゃなくて中山まで行ったのか。

やっぱおそ松兄さんはギャンブルだけじゃなくて純粋にお馬さん見るの好きなんじゃないかな〜(とよけいな考察も挟みつつ長引いていきます)

イヤミもわざわざ中山まで行ってるなんてよっぽど好きだろ競馬。

公式GIFありがとうございますこのシーンなんて私のためとしか思えない


 中央競馬は土日と一部の祝日しか開催されない

中央競馬は基本的に土日、一部の祝日の開催となっていますので、3月14日に中山でレースが開催されているならばそれは確実に土日のどちらかです。

 

そもそも高校の卒業式って普通は3月1日付近なのに赤塚高校は遅いですよね。

高校によっては3月第3週くらいまで卒業式やるところがあるみたいなので3月15日でもありえるんですけど、それにしても前日も三年生の登校日があるなんて…

で、まあ十中八九、私立ではなく都立赤塚高等学校か赤塚区立赤塚高等学校だと思うんですけども、たいていの公立校は平日に卒業式をやります。

まれに土日にやって振替休日というパターンもありますが、月曜が卒業式で3月14日が日曜というのが一番説得力あるかなと思っています。

 

松野家ってどこにあるの?赤塚区って東京のどのあたり?

本当に中山競馬場は遠いのか?ということで赤塚区がどこにあるかという問題なのですが、材料はこのへんです。

  • アニメでよく出てくる俯瞰の空撮ぽい画は吉祥寺駅の北側(ゆざはや→ユザワヤ
  • 桜回のおそ松とトト子ちゃんが話してた公園も吉祥寺駅北口公園(ベンチなどのレイアウトは違う)
  • キンちゃんを見送りにKEIO吉祥寺駅まで行ってる(現実の吉祥駅ほぼそのまま)
  • えいがでも井の頭とはっきり出ている

軽く検索したら過去の考察記事というかツイートで蒲田とか大和とか噂されてますが絶対違います。

どちらもユザワヤは駅ビルじゃありません。

(ていうか蒲田は駅周辺の構造が似てるからまだしも大和ってなんだユザワヤがある以外共通点ないわ)

両方私にとっては縁もゆかりもある土地で片方には住んでたし違うと断言できますが、まあもう2期ではっきり吉祥寺駅出ちゃったので確定で良いと思います。

 

ただ、吉祥寺駅が最寄りだとすると不自然なことがあって気になります。

キンちゃんたぶん沖縄に帰りますよね?

おそらく渋谷まで出て乗り換えて品川経由で羽田空港に向かったと思います。

であれば、吉祥寺駅から羽田空港までの直通リムジンバスあるんで、圧倒的に楽なのになぁ

 

脱線しました。

 

赤塚「区」なくらいなので特別区(東京23区)でありほぼ杉並区、という考え方と、チョロ松の「むさしの版」求人誌などから武蔵野市らへんに赤塚区がある、という考え方と、まあ間をとって杉並区の西方〜武蔵野市の境らへんに実は赤塚区がある、という考え方になるでしょう。

魏呉蜀の間に「松」があったのと重なるので最後のが一番しっくりきますね。

 

高校まで電車通学だとしても1駅2駅くらいなのではないでしょうか。

もし土日の昼過ぎに吉祥寺駅から中山競馬場へ行こうとするとだいたい1時間半です。

 

ちなみに高校生のみんなが下校してる時間、朝の9時です。

 

まじで?そもそも土日の8時半くらいに生徒集めて軽く卒業式の説明かなんかして解散してるの??? という疑問はともかく、校舎の時計ってしょっちゅう止まってますもんね。きっと止まってるんですね。きっとそう。

 

だってあのいらすとやさんのイラストですら、夕方の校舎のイラストなのに時計は9時ですからね。

もうそういうもんなんですよ。

 

その後むつごが18歳の自分たちを見た後、カラ松のターンの前に休憩入れていますので、もし校舎の時計が止まってなかったとしても、次の図書館の場面までまあまあ時間が経過したと考えれば辻褄は合うかな?

 

追記:

午前11時40分〜45分ごろであるというツイートを見て「ああああそっか!!!」となったので完全に辻褄合っています。

 

むつごが2人ずつ離れていって、チョロ松と十四松が図書館に行ったのが午後1時です。(時計が指してます)

お、トト子ちゃんがお弁当出すのも不自然じゃないですね。

アピールのためにわざわざお弁当広げたわけじゃないんだね。

ちゃんとお昼時でしたね。

 

この頃におそ松とカラ松がすでに中山競馬場に向かっているとすると、到着が2時半くらいになるので、その後出走するレースをいくらか楽しんだ後、夕方になってイヤミと詳しい話をしていることになります。

 

ちなみにその時間帯でおそ松があれだけ稼げるレース結果だったかとかも調査しようかと思ったんですが、めんどくさすぎてやめました。

たとえ万馬券出たレースがあったとしても元手が少なそうだし単勝転がしてもたった1時間やそこらのレース数であそこまでいけるとは思えないんだけど…

追記:

ダヨーンの姿をむつごの思考で変化させられたことから考えると、おそ松兄さん自身が「俺ぜんぶ覚えてる!このレースはこの馬が勝つ!勝ってた!絶対そうだった!オッズもこれだけあった!」とか思い出を補正してしまうとそうなる可能性があるのでやっぱり計算しても意味なさそうなのでやめました

 

そこから赤塚区に戻ったらまた1時間半かかるのに同じくらいの夕焼けなのはちょっと気になりますが、赤塚区の方が西側なので時間差もあるのと、3月14日の17時半〜18時ごろならありえる、公園ではみんなを赤々と照らすよりも影を落として心をざわつかせるようなべったりとした暗い夕焼けになっていますから、あながち無理な展開でもないかもしれません。

追記:

あらためてえいがを観たら、中山にいる時点では夕方といってもけっこう青空のままのところが多かったです。ここから1時間半かけて赤塚に戻って合流し、公園の時点で完全に夕焼けになっていたということであれば辻褄も合いますね。

天気から見た日程の候補

というわけで、3月14日が土日であることは確実なので、他の要素を検証したいと思います。

えいがの中で映像を見ていると両日とも日中は気持ちの良い晴れに見えますね

雲ひとつない快晴というわけではありませんが、きれいな青空が広がっています。

 

さて、「現代」の「同窓会」を2019年の3月15日と仮定し、とりあえず過去20年分について両日の天気を調べました。

weather.goo.ne.jp

結果がこちらです。

土日を基準に、当日と翌日の天気をまとめるとこうなります。

過去20年の3月14日と15日の東京の天気

 

2015年はありそうでなさそう

もし2015年が卒業式だったとするとむつごはその年の5月24日に19歳になるため、2019年に23歳になります。

ということは同窓会の時点では22歳ですね。

となると、まだ大学生の同級生も多いと思います。

22歳の年度の3月、同級生は4月から社会人になる人が多いんじゃないでしょうか?

 

同窓会の様子だと、どうもみんなすでにしっかり働いている人が多いように思います。

内川との会話も、社会に出て少し経ってる前提のように聞こえます。

結婚したり子供産まれたりは早い人だといたりするのでそこまで不自然ではないですが、むつごがニートであることや彼女がいないことをそこまで卑下したり内川からあそこまで言われるほどひどい状況ではないのではないかなと感じました(6人揃ってニートなのはひどいか)

 

そしてなにより、くもってるし。

 

なんなら卒業式の日、雨だし。

 

ちょっと弱いかな。

 

2004年は絶対にない

2004年の3月14日と15日は両日文句なしの晴れなのですが、いかんせんこの年が卒業式だとむつごが30代になってしまうので完全にアウトです。

もう、「現代」をアニメ放送開始の2015年ってことにしてその基準でカウントするような卑怯な考察をしたとしても、今年30歳になっちゃいます。

それは正直きつい。

U29のコンタクトとかギリギリすぎる。

そんなマーケティングに使えない。

その年齢だといっそむつごよりトト子ちゃんのほうがきつい。

 

もし「現代」を特定しないで卒業式の日程だけを考察するのであれば2004年は濃厚ですね。

 

2009年は雨

年齢的には20代におさまってるのですが、この年も雨ふっちゃってますね。

 

2010年ならちょうどいい

2010年3月14日は日曜日のため、翌日月曜日が卒業式なのもちょうどいいですね。

 

松造もわざわざ会社休んだのか〜

あのむつごを養う松造の稼ぎとか考えたらそうそう休める立場でもなさそうだけど、大手でそれなりの役職だと案外すんなり有給とれるかも。

年度末で忙しそうにも思うけど業種もわからないし、まあお休みとれたんでしょう。

翌日仕事たまりまくって地獄かもしれませんが、日曜日もしっかり仕事して夜帰宅してますからね。がんばってますね。

 

2019年基準なら現代のニートは今年の5月で28歳、2015年基準なら24歳です。

どっちでもあり得る!ちょうどいい!

3月14日は晴れ!ちょうどいい!

 

卒業式の3月15日は… くもりですね(真顔)

過去20年の3月14日と15日の東京の天気およびニートたちの年齢

 

そもそも「晴れ」とは?そして「曇り」とは?

実はここで、さきほど定義した赤塚区の位置が重要になってきます。

まず、気象庁における「晴れ」と「曇り」の定義もはっきりさせておきましょう。

パチスロおそ松さん〜驚〜の概念REGのおかげで「定義」が好きになってきました。

 

雲の量が2割〜8割が「晴れ」

雲の量が9割以上だと「曇り」

となります。

 

どう贔屓目に考えても、ほとんど青空が見えず隙間がちらちら見えてるくらいです。

じゃあえいがの3月15日の天気とだいぶ違うじゃないか!と、思うかもしれません。

 

ただ、「東京の天気」の観測所は千代田区です。

しかも「曇り」かどうかは観測所の職員が目視で決めてるので、その塩梅によっては8割強でも「曇り」ってしてるかもしれません。

 

つまりだいぶ距離があるので、もしかすると赤塚区では晴れ間が普通に見えていたかもしれません。

のぞみが出てきました。

 

赤塚区の3月15日の本当の天気はどうだったのか

では念のためにもっとデータを深掘りしてみましょう。

赤塚区に一番近い地点で府中の気象データがありました。 www.data.jma.go.jp

あー、うん… 晴れてなさそうだなぁ

てかめっちゃ風強くね?

お昼過ぎごろになったら瞬間最大風速8mとか9mとかあるよ。

 

でも卒業式当日の風景では旗も風船もなびきまくってるので風が強い=2010年3月15日説がより濃厚じゃないですか!逆にありがとう!!

 

もっとポジティブに考えよ?

逆にさ、こんだけ風が強かったら雲が流れて一時的に晴れ間出るんじゃない?

たとえば

 

09:00 0.0 9.3 1.1 北北東 2.0 東北東 1

09:10 0.0 9.8 1.0 北北東 1.9 東北東 1

↑ほら、卒業式が始まるくらいの時間に、日照時間がありますね。(あくまでも府中)

 

11:20 0.0 13.4 1.4 東 2.6 東 3

↑卒業式が終わってみんながわいわいしてるあたりの時間帯、日照時間がありますね。(あくまでも府中)

え?3分じゃ短すぎ?

 

11:30 0.0 13.5 1.5 北東 2.9 北東 1

↑この11時20分〜39分の間に4分も日照時間があったんですよ?(あくまでも府中)

 

スクリーンに空が映ってるシーンはちょうど晴れてた時間なんですよ。 空が映ってないときは天気がどうなってるかなんてわかりませんけどね。

 

思春期バスターズのシーンで思いっきり太陽出てますが、周りにはそれなりに雲もあるし、たまたま赤塚区のあたりは晴れ間だったんだそうだきっとそうに違いない。

 

仰げば尊しを歌い始めるシーンで校舎の時計が10時くらいですね。

9時から式が始まって10時ごろに斉唱、その後なんやかんやで式が終わってから11時ごろに各々が教室や外で歓談していたとすると、日照時間の考察ともずれなくなるのでありがたいですね。時計が止まってなければの話ですけど。

追記:

卒業式当日の天候がかなり苦しくて、「そうだったらいいのにな」という願望が強くなってしまい、考察としては成立しないなと思いつつ「そうであるに違いない」という妄想にしてしまいました。

 

しかし先日まさに駅の向こうは全面雲に覆われて雨が降っているが駅のこちら側は晴れていて雲が卒業式の背景そのものの割合という空を見てしまったので、「やっぱ当日の赤塚高校もそうだったんだって〜全然ありえるありえる破綻してないよ〜」って思いましたありがとうございます。

そういえば中山の天気を調べていなかった

赤塚の天気ばっかり気にしていましたが、2010年3月14日(土)の中山競馬場の天気ってどうだったんでしょうか。

www.data.jma.go.jp

 

夕方までしっかり晴れてまーすありがとうございまーす!!

まとめ

あれはあくまでも「おそ松さんの世界」であって現実とは異なるという考え方ももちろんあるんですが、現実と照らして考えるのがすごく面白いのでこのような考察をしてみました。

 

そもそも映画本編では卒業式が「3月15日」であるとは言われていません。

これも現実の映画公開日=3月15日が卒業式(現実では中学校が多い)という符号からくるものでしかなくて、実際は3月1日だったかもしれません。

 

でも、キャンペーン発動!のときも11月28日だったり、現実と合わせてる部分もあるので、同じように考えた方が楽しいかなと思ってます。

 

考察というよりただの妄想に近いですが、最後までこのお遊びにお付き合いいただいた方、ありがとうございました。

 

tamago625.hateblo.jp

tamago625.hateblo.jp